インプラント治療のメリット

MENU

インプラント治療のメリット

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

 

 

 

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

 

 

 

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

 

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。これは重要な事実です。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

 

 

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

 

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

 

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

 

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

 

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

 

 

 

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

 

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。