喫煙と歯の黄ばみの関係

MENU

喫煙と歯の黄ばみの関係

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。

 

 

 

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

 

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。

 

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

 

 

日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

 

 

 

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

 

 

 

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

 

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

 

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

 

 

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

 

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
インプラント治療のメリット

 

地域によってかなり料金は異なります。

 

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

 

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

 

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

 

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

 

 

 

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

 

 

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。

 

 

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

 

 

 

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

 

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

 

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

 

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

 

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。